%

MT-IFTTTは WordPress のようにIFTTTと連携し、
Twitter や Facebook Page、Slack などへ自動POSTを可能にします。
Movable Type 6系、7系で動作します。

  • MT-IFTTT

    IFTTT連携でSNSに自動POST
    価格:10,000円(税抜き)
    ※stores.jp へ移動します

機能・特徴

コーポレイトサイトやメディアを運用していると、Movable Type でブログ記事を投稿した後に、 Facebook や Twitter でも投稿したいですよね。

MT-IFTTT を利用すると、IFTTTとの連携が可能になり、様々なSNSと自動で連携することができるようになります。
Data API を拡張して、IFTTT の WordPress Channel を Movable Type から使えるようになります。

システム設定画面

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「plugins」フォルダができます。
「plugins」の中に「MT-IFTTT」フォルダがありますので、これを、Movable Typeのインストール先の「plugins」ディレクトリにアップロードします。

設定方法

IFTTT連携に使用するアカウントを作成します。
左メニューの「ユーザー」>「新規」をクリックします。
各項目を設定し、保存します。保存すると「 Webサービスパスワード」の項目が表示されるので、「内容を表示」をクリックし、メモします。IFTTTに登録するパスワードは管理画面ログイン用のパスワードではなく、Web サービスパスワードとなりますので、ご注意ください。
※システム管理者権限を付与してください。

システム設定画面

IFTTT の設定

IFTTT にログインして、WordPress Channel の設定画面を開く。

https://ifttt.com/channels/wordpress/reactivate

パラメータを設定して保存する。

  • Blog URL:例) https://your-domain/your-mt/mt-data-api.cgi/v1/sites/1
    「https://your-domain/your-mt/mt-data-api.cgi」には、あなたのサイトの Data API スクリプトの URL を設定してください。
    最後「1」には 連携したいウェブサイト/ブログの blog_id を設定してください。
  • Username:IFTTT 連携に使う Movable Type のユーザー名
  • Password:IFTTT 連携に使う Movable Type の Web サービスパスワード
    管理画面ログイン用のパスワードではないので、ご注意ください。

WordPress Channel を使った Recipe を作成する。

Trigger で使う RSS をカスタマイズしたい場合

  • カスタマイズした RSS をインデックステンプレートとして作成する。
  • mt-config.cgi に環境変数 IFTTTFeedFile で上記ファイル名を指定する。
    フルパスではなく、ファイル名のみを指定してください

参考記事(WIMEDIA):

IFTTT(イフト)とは 〜Movable Type の記事を Twitter に自動で POST する〜

動作条件

  • Movable Type 6系(ソフトウェア版/クラウド版)
  • Movable Type 7系(ソフトウェア版/クラウド版)
  • Data API が必要です。
  • SOAP::Lite モジュール (Perl, CPAN)
    XMLRPC の動作する環境が必要です。

ブラウザの動作条件は Movable Type 本体のブラウザの動作条件に準拠します。

サポート

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

評価利用をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

利用規約

こちらをご覧ください。